surface proに有線LAN変換アダプターつけたらUSB難民も解決した話。

スポンサーリンク
雑記
スポンサーリンク

このたびsurface pro(5)に有線LANを繋ぐことになったんですが、

困ったことにsurfaceシリーズはLANポートがついていないんです。

 

というわけでAmazonで評価の良かった有線LAN変換アダプター(uniというメーカー)をポチリ。

使用感レビュー記事です。

 

結論、

USBポート付きのアダプターはsurface勢に特におすすめ。

唯一の欠点として「熱を持つこと」が挙げられますが…良かった点と悪かった点を詳しく説明していきます。

 

 

買った商品

\ サイズ感 /

買ったのはuniというメーカーのUSBポートが3つ付いた有線LAN変換アダプターです。

Amazonレビューは星4.4、レビュー数も636件とかなり高評価です。

購入時の価格は1800円前後でした。

 

良かった点1:刺すだけでネット接続

使い方は、この商品をUSBポートに繋いでLANケーブルを刺すだけです。

あとはパソコンがネット環境を自動認識するので、繋ぎたい回線を選んで接続。

Windowsの場合はパソコンのアイコンが有線LANの印です。

 

\ カチッ /

ケーブルもカチッとはまって抜けることもありません。

 

 

良かった点2:USBポートが3つある

これが何よりポイント高いです。

なぜならsurface proはUSBポートが一つしかないから!

 

唯一のUSBポートを有線LAN用に使ってしまうと

他のUSB機器が一切使えなくなるって本末転倒というか不便の極みです。

 

そんなLANポートも無いUSB難民のsurface勢にぴったり。

ちなみにこんな感じでフル稼働も可能。

 

 

良かった点3:デザイン性が良き

\ surface proの装着図 /

色はグレー。表面の質感はマットなアルミです。

印字は「uni」というメーカー名のみで余計な装飾は一切なし。

本体自体も軽く持ち運びに最適です。

コードも太く丈夫、でも柔軟性があり使いやすいです。

 

 

悪かった点:熱を持つ

さて、唯一にして最大の欠点…「熱を持つ」です。

USBに刺してるだけで熱が出るし、そこへLANケーブル刺すと更にアッチッチです。

確かに低評価にも書かれていましたが、その不安を上回る高評価レビューの多さに購入へ踏み切ったのも事実。

しかし現物は思った以上に熱くなります。

 

現在は1週間ほどつけっぱなしで使っていますが、何も問題は起きていません。

(熱いだけ)

 

今後も様子は見ていって、必要に応じてヒートシンクを買ってみようかなという感じです。

 

 

結論買うべきか否か

\ ちなみにUSB3.0 /

熱くなる以外は非常に使いやすく、価格もサイズ感も手ごろ。

本来surfaceの純正品がベストでしょうが、価格が高いしUSBポート3つ付きというのは販売していません。

有線LAN変換アダプターはこれがかなりおすすめです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました