2019年新元号「令和」発表前後のおもしろツイートまとめ

スポンサーリンク
雑記
スポンサーリンク

こんにちは、もろこしです。

2019年4月1日。ついに新元号の発表となりました。

いらすとやさんも仕事が早いです笑

発表前はネット上では大いに盛り上がり#新元号予想というタグも作られるほど。

ここ発表前後のツイッター上での反応をまとめてました。

 

発表前・みんなの新元号予想

安・平・永などの予想が多い

新元号予想も多かったですね。

 

 

 

新元号予想は大喜利状態に

そうこうしていると段々面白い案が沢山でてきました。

特にこの「たいとびゃん」案は死ぬほど笑わせてもらいました。

 

 

発表後・新元号で作ってみたが溢れかえる

みんな仕事が早すぎる

個人・企業ともに新元号発表からあっという間に作り上げてきました。

さすが時代の波に乗るとはこういう事。

テレビやネットなどを見ながら構えていた人が多かったようです。

 

 

 

3年前から予想していた猛者がいた

なんと日付は2016年!ドンピシャ当てており予言者ではとザワザワしています(笑)

確かに違和感ないけど何者…!!

 

令和と西暦換算のすごい関連性に気づいた人も

確かに令和1年+令和(018)=19(2019年)

凄い分かりやすい…!!

「令和」意外とすごい!?

狙っていたのかどうなのか、令和の読み方には意外な意味合いが含まれているようです。

 

まとめ

「令和」に決まったのが意外だったという声もかなり見受けられます。

でもそれなりに皆楽しんでますね。

アルファベットにした時にM(明治)T(大正)S(昭和)H(平成)と被らないような頭文字ということだったので、安や久で始まる単語を予想していた方も多かった新元号。

正解は予想を裏切るR。

このままでは令和18年はR18じゃないか!という先読み意見も出ておりちょっと笑いました。

もろこし
もろこし

色んな目線から考えるなぁ(笑)

新元号の使用は2019年5月1日から。

31年ぶりの大きな節目です。

あと1か月となりましたが、新元号開始時の世間の様子が楽しみです。

雑記
スポンサーリンク
もろこしをフォローする
モロコシブログ

コメント