【レジュメ配りは不要】オーストラリアワーホリ仕事の探し方

スポンサーリンク
オーストラリア
スポンサーリンク

オーストラリアワーホリで仕事探しと言えば古代から「ひたすらレジュメを配る」作戦があります。

レジュメ=英語で書いた履歴書

これはレストランやカフェ、ホテルなど自分が働きたいお店に手当たりしだいにレジュメを渡しに行く作戦で、自分を売り込みに行く方法です。

ところが私個人としては、インターネットが普及した昨今においてこのレジュメ配り作戦はあんまり効果が無いように感じています。

それよりも、求人サイトやSNSを活用した方が圧倒的に仕事が見つかります。

手当り次第なレジュメ配りをしなくていい理由

沢山のレジュメを配り歩いてもその後連絡が来るのは数件。

ゼロ件もザラです。

もろこし
もろこし

実際に私も10件程配ってどこからも連絡なしでした。


手当たり次第にレジュメを配っても効果が薄い理由としては以下の理由が挙げられます。

  • 配ったお店がそもそも求人募集をしていない
  • 採用担当に渡されていない(受け取ったスタッフで止まっている可能性)

これでは折角時間をかけて配っても意味が無いです。

もろこし
もろこし

単純に不採用だった可能性もあるけど、上の2点の理由を考えたら「これ結構非効率じゃないか?」と感じたよ



インターネットで仕事を探す

レジュメ配りをしてもいいけど、まずはインターネット上で求人が出ているかチェックするのをおすすめします。

インターネットで仕事を探すメリットは以下の3点。

  • 求人を見つけやすい
  • 直接採用担当へ連絡できるので話が早い
  • 自分の足で闇雲にレジュメを配るより効率的

求人には担当者の電話番号やメールが載っているのでそこへ連絡するだけ。

もろこし
もろこし

実際に10件ほど連絡したら5~6件は連絡が来たよ!

私はそこから面接を経てクリーナーのお仕事をゲットしました。


仕事探しにおすすめのサイト

以下のサイトで「働きたい地域名」や「職種などのキーワード」を入れると色んな求人が出てきます。



英語で探す求人サイトならGumtree

Gumtree TOPページ

Gumtreeは仕事の他に家や車も探せるのでオーストラリア生活でかなり役に立つサイトです。

特にローカルの仕事がしたい場合は日本語サイトではまず出てこないので、Gumtreeなどで検索した方がいいです。


日本語で探す求人サイト

日豪プレスJAMS.TVcheersは日本語サイトなので日本語での書き込みが多いです。(たまに英語の投稿もある)

こちらも仕事以外に家やイベント、ニュース、サークルなど色んな情報が載っていて重宝します。

日本語の求人サイトで未経験可のマッサージ師募集がありますが、たまにアダルトなお店の場合があります。

特に店名の記載が無い場合は注意です。

連絡時には普通のマッサージ店と言われたけど、面接時にアダルト系のお店だったことが発覚したという友人の経験談があります。



Facebook

オーストラリアではFacebookがよく利用されており、特にグループへの参加をお勧めします。

例えば「オーストラリアワーキングホリデー」「シドニー掲示板」などと検索したら沢山のグループが出てきて、グループ内で沢山の情報共有がされています。

仕事はもちろん、家探しに特化したグループも。

ルールを守れば誰でも参加できるのでぜひ入ってみて下さい。

グループ内で自分から「仕事探してます!」とアピールしてもコメントが入ったりするので、積極的に利用するのがおすすめです。


ファームワークを探したい場合

実際に働いたファームのラズベリー畑

ワーホリで2ndビザや3rdビザが欲しい場合、指定のファームで3ヶ月以上(3rdビザ取得は6ヶ月以上)働く必要があります。

ファームワークに特化した求人サイト「88days towork」があります。


募集中の求人の他にオーストラリア全土のファーム情報も見ることができます。

オーストラリアのファーム情報(88days to workより)




時給の仕事で人気が殺到する「Costa」もおすすめ。

ホームページに求人情報が出ます。

日豪プレスなどの日本語求人サイトにもファームの仕事は沢山募集がありますが、たまに悪徳な業者があるので注意です。(給料の未払いなど)
日本語求人サイトで募集されていたファームの仕事をした私の体験談はこちら(悪徳ではなかった)

働きたい職場がある場合

もろこし
もろこし

どこでも良いわけではなく”その職場”だから働きたい!

そういう場合は、求人サイトと並行してその職場のホームページFacebookインスタグラムを調べてみる事をおすすめします。

求人募集があればラッキー。

求人が無くても、連絡してレジュメを持って行ってそこで働きたい熱意を伝えてみるのはいいと思います。

どこでもいいから働きたい人と、そこだから働きたい!!!という人なら後者を取りたいですよね。

オーストラリアでの仕事探し。参考にしてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました