意気揚々と向かったNABで銀行口座開設を断られた話

スポンサーリンク
オーストラリア
スポンサーリンク

こんにちは!もろこしです!

私はオーストラリアワーホリに来ているのですが、タイトルにもある通り、銀行口座開設を断られました!

ちなみに開設しようとした銀行はNational Australia Bank(通称NAB)です。

結果として口座は無事に作れたのですが、「こんなこともあるんだ」という感じでサッと読んでもらえたらと思います。

 

 

NABってどんな銀行?

私が口座開設に挑んだNABはオーストラリアでも条件のいい銀行で、ワーホリ勢には結構おススメです。

大きな特徴は以下の通り。

  • 口座維持手数料が無料(条件なし)
  • オーストラリアのメガバンクの1つ
  • 貯蓄口座(Isaver口座)の金利が最初の4か月間1.7%(2019年11月8日現在)

一番の魅力は口座維持手数料がかからないところ!

他のメガバンクは学生(25歳以下)なら無料とか、月いくら貯金すると無料とか条件が付いてきます。

メガバンクなのでどの町にもATMや支店があるのも魅力ですね。

 

口座開設拒否事件とミスった点

銀行口座はオーストラリアで働く以上必須!

しかも6週間以内に作らないと提出書類がパスポート以外に必要になるため早めに作るべき!

これは手数料のかからないNABで絶対作りたいと気合を入れて支店へ向かいました。

が、思い返せば失敗したなという点がいくつかあります。

 

ミステイク①大荷物のアジア人

その日はファーム仕事をするためファームハウスへ引っ越しする日で、大きなキャリーケースとリュックを背負って支店へ向かいました。

まさにこんな↓

 

 

ミステイク②英語が聞き取れない

私は英語に苦手意識があったので、事前に必要な英単語やフレーズは覚えていきました。

が、いざ店員さんとお話しすると予想以上に何言ってるか全然聞き取れず悪戦苦闘…。

英語ってこんなに難しかったっけ…!

 

そんなやり取りをしていたので定員さんからは「英語も満足にできない大荷物のアジア人」として怪しまれていたこと請け合いです。

 

しまいには

英語が分からないと厳しいしここでは日本語対応もできないから、今すぐ口座は開設できない。特にうちのボスは厳しい。電話番号を教えるので通訳を通して電話してみてほしい。少し時間はかかるがそれがあなたにとっても私達にとってもベストな選択です。

とGoogle翻訳でド正論を丁寧に説明されて帰されました。

 

ちなみに渡された電話番号に電話したものの、まず電子音声が聞き取れず断念するという残念な結果に終わりました。

 

 

ミステイク③実はアポイントメントが必要だった

後日ファームハウスへ着いてから今度は英語のできる人と一緒に別の支店へ向かいました。

するとどうやら即日では作れず、アポイントメントを取らないといけなかった模様

もろこし
もろこし

知らなかった…!

一週間後に予約を入れて再び支店へ向かい、たどたどしい英語で何とか口座開設に成功したのでした。

 

 

【考察】スムーズにNAB口座を作るには

  • 最低限の英語はできるようにしとく☆
  • 英語が苦手なら日本語対応できる店舗へ行く
  • アポイントメントが必要な場合がある
  • 事前に口座について頭に入れておく

 

ゴールドコーストには日本人スタッフがいる店舗もあるそうなのでそこに行くのもありです。(調べても支店名まで分からりませんでした)

都市部の比較的大きな店舗では外国人対応に慣れたスタッフがいるそうで、割と簡単に作れたよという話も聞きます。

 

あと、自分の作りたい口座についてしっかり調べておきましょ。

英語で説明されるより自分で調べて理解しておく方が手っ取り早いです。

 

英語のサイトを日本語に翻訳したい時はGoogle chromeで開きましょ。詳細はこちらの記事を参考にしてください。

 

 

口座開設時に必要な書類や情報は

  • パスポート
  • 入国日が分かるもの(私は入国時の航空券でOKでした)
  • ワーホリビザを印刷したもの
  • オーストラリアの住所
  • 日本の住所
  • 電話番号
  • メールアドレス

でした!マイナンバーは持って行ったけど私の場合は必要なかったです。

 

何より英語!この日を境にもっと英語磨かなきゃと決意しました(泣)

みなさんが無事に口座を作れることを祈っています~!

コメント

タイトルとURLをコピーしました