【国際免許証だけでは不十分】クイーンズランドで運転する方法と手続き【オーストラリアワーホリ】

スポンサーリンク
オーストラリア
スポンサーリンク

こんにちは!もろこしです!

オーストラリアのクイーンズランド(QLD)では国際免許証で運転できるのは3か月までとなっています。

4か月目以降も運転するためには以下のどちらかを満たす必要があります。

  • 日本の免許証とその英語翻訳両方を携帯する
  • QLDの免許証を取得し携帯する

 

国際免許証自体1年間有効期限があるので安心しきっている人もいるかと思います。

私はどちらの方法も試したので、この記事では各種書類の取得方法と実際にかかった日数、手数料をまとめました。

 

オーストラリアは州によってルールが違います。この記事ではあくまでQLDの場合をまとめてあるので、ほかの州でのルールは確認をお願いします。

 

 

手っ取り早いのは英語翻訳を手に入れること

日本の運転免許証とその英語翻訳をセットで携帯しておけばQLDで車を運転することができます。

ただ、英語の翻訳はNAATIというオーストラリア認定の翻訳者に依頼しなければなりません。

英語翻訳を手に入れる方法としては2つあり、

  • 領事館で取得する方法
  • 翻訳者に直接依頼する方法

があります。

まとめるとこんな違いがあります。

コスト所要日数申請・受取方法
領事館で取得25ドル4日ほど申請と受取で2回領事館へ行く必要あり
翻訳者に直接依頼50ドル~4~5日ほどEメールと郵送で完結

 

 

日本領事館へのアクセスが良い方はこっちがおすすめ

日本領事館で依頼する手数料は25ドルです。

ただ、申請から受け取りまで3日ほどかかるので翻訳ができたらまた取りに行く必要があります。

日本領事館へのアクセスが良く、時間が取れる方はこちらの方が安く済むのでおすすめです。

 

【日本領事館の窓口受付時間】

午前9:00~午後12:00、午後1:30~午後4:00(休館日を除いて月曜日から金曜日)

【住所】Level 17, 12 Creek Street Brisbane QLD 4000

 

 

 

領事館から遠い場合、翻訳者に直接依頼して郵送してもらう方がおすすめ

一方、翻訳者に直接の依頼はメールで行えるため、どこかに出向く必要がありません。

しかも完成したら郵送してくれるので家にいながら依頼をしてあとは届くのを待つだけ。

ただし、手数料の相場は送料込みで50ドル~です。

 

時間がなかったり領事館に行く手段がない人はコストはかかりますがこちらの方法がおすすめです。

下のリンクから

「Translator」(翻訳者)を探す

「Japanese into English」(日本語から英語へ)で検索すると出てきます。

 

 

 

早速翻訳をお願いしてみた

私の家は領事館から遠かったので翻訳者に直接依頼することにしました。

車のディーラーさんからの紹介された方へEメールを送信。

当然この方もちゃんとNAATIの翻訳者一覧に記載されている方です。

もろこし
もろこし

運転免許証の日本語から英語へ翻訳をお願いしたいのですが

 問い合わせありがとうございます。手数料は送料込みで50ドルです。依頼の際には鮮明な運転免許証の写真と送付先住所を教えてください。

とこんなかんじのやり取りをメールで行いました。

この方は日本語でメールのやりとりOKだったのであっさり依頼完了。

 

次の日には翻訳が終わり発送(早い)。

依頼から4~5日程度で翻訳が届きました。

ちなみにPDFも貰うことができます。

とりあえず運転したい方はここまでの手順でOKです。

 

QLD州の運転免許証を申請する

↑手に入れた私のQLDの免許証。

 

もしパスポート以外の身分証が欲しかったり、UberドライバーやUber eats配達員をやりたいと考えているならQLDの運転免許証を申請しましょう。

ちなみに申請には運転免許証の英語翻訳が必要です。(取得方法は上の方に記載してます)

 

必要書類は色々

以下の書類が必要でした。

  • 申請書
  • 日本の運転免許証
  • 日本の運転免許証の英語翻訳
  • パスポート
  • 現住所がわかるもの(銀行の残高証明書など)
  • オーストラリアの銀行のキャッシュカード
  • 日本のクレジットカード

“現住所が分かるもの”は私は銀行の残高証明書を持っていきました。

オーストラリアの銀行窓口で5分くらいで無料で取得できるのでおすすめです。

 

申請書は窓口でもらうか、オンラインでもダウンロードできるので記入して持っていくかしましょう。

ダウンロードはこちらから!

「F3000_CFD.pdf」というやつをダウンロードでOKです。

 

印刷するにはOffice worksという事務用品店のコピー機が安くてお勧めです。

 

 

申請は「Department of Transport and Main Roads Customer Service Centre」へ

日本語訳だと「運輸省および主要道路カスタマーサービスセンター」です。ながい。

色んな場所にあるので最寄りのサービスセンターへ行きましょう。

私はカブルチャー支店へ行きました。

こちらから検索できます。

 

 

手続きの流れ

実際にサービスセンターへ行ったらこんな感じの流れです。

  1. タッチパネルで受付
  2. 呼ばれたら窓口へ
  3. QLDの免許証を取得したいことを伝える
  4. 必要書類を渡す
  5. 有効期限を選ぶ
  6. 支払い
  7. 写真を撮ってもらう
  8. 仮の運転免許証をもらって帰宅

 

有効期限は1年単位で選ぶことができます。

1年80.70ドル
2年112.50ドル
3年139.20ドル
4年161.05ドル
5年180.70ドル

(2019/7/1~2020/6/30までの手数料です)

カード払いは+0.52%手数料がかかるため、一年有効だと81.12ドルでした。

 

写真は窓口のすぐ横の椅子で撮ってくれます。(無料)

ので!身だしなみだけはしっかり整えていった方がいいです。

 

最後に仮の免許証(一枚の紙)をもらって終了です。

↑これが仮の免許証。正式な免許証が届くまで有効です。

 

正式な免許証は21日以内に住所あてに郵送されるようになっています。

私の場合は14日でポストに届きました。

 

まとめ!QLDで運転する分には英語翻訳を用意しよう

英語翻訳は誰でも取れるしすごく簡単です。

さらにQLDの運転免許証を取得する場合にも必要になってくる書類なので、早いところ翻訳だけでも用意しておくのもありです。

ぜひトライしてみてくださいね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました