海外に住んでみたい!1年間滞在できるワーホリ基本の「き」 | モロコシ.

海外に住んでみたい!1年間滞在できるワーホリ基本の「き」

ワーキングホリデー制度をご存知ですか?

これは1~2年という長期間海外に滞在できるとても特殊でお得な制度です

一度は海外に住んでみたいなと思っている方もいるでしょう

基本的なことをまとめましたのでぜひ一緒に学びましょう

 

 

ワーキングホリデー制度の基本

ワーキングホリデー制度とは

ワーキング・ホリデー制度とは,二国・地域間の取決め等に基づき,各々が,相手国・地域の青少年に対し,休暇目的の入国及び滞在期間中における旅行・滞在資金を補うための付随的な就労を認める制度です。各々の国・地域が,その文化や一般的な生活様式を理解する機会を相手国・地域の青少年に対して提供し,二国・地域間の相互理解を深めることを趣旨とします。(外務省ホームページより)

つまり主な目的は「休暇」です

ただそのための費用をまかなうために国内で働いてもいいですよって制度です

通常観光で訪れる場合には観光ビザというもので入国しますが、これでは働くことは認められていません

学生ビザでも働ける国がありますが、学校が終わるまでの期間限定です

1~2年の間働いてもいいし遊んでもいいし何してもいいという太っ腹な制度なのです

 

 

年齢制限

ワーキングホリデー制度には年齢制限があります

査証申請時の年齢が18歳以上30歳以下であること(オーストラリア,カナダ及び韓国との間では18歳以上25歳以下ですが,各々の政府当局が認める場合は30歳以下まで申請可能です。また,アイスランドとの間では18歳以上26歳以下の方が申請可能です。)。(外務省ホームページより)

アイスランド以外の国では31歳を迎える誕生日の前日までに申請する必要があります

結構幅広い年齢層で申請することができるのですね

 

 

その他条件

  • 日本に住んでいる日本国民であること
  • 主として「休暇」を目的とすること
  • 子又は被扶養者を同伴しないこと
  • 有効期限内のパスポートを持っている事
  • 往復の旅費、しばらくの滞在費など最低限の資金を持っている事
  • 健康であること
  • 以前にワーキングホリデービザを発給されたことがないこと

もっと細かい内容は各国によって異なりますがおおむねこんな感じです

ひとつの国に対してワーキングホリデービザは一生に1回しか発給できません

 

 

滞在可能期間

基本1年間です

イギリスは2年間滞在することができます

また、オーストラリアは指定のファームで3か月以上仕事をすると、セカンドビザというもう1年間滞在できるビザを申請することができます

ニュージーランドも指定のファームで3か月以上仕事をすると、3か月の延長申請をすることができます

 

 

ワーキングホリデービザ取得費用

オーストラリアだと450豪ドル(約36,000円)

カナダだと250カナダドル(約21,500円)

イギリスだと235ポンド(約34,600円)

ニュージーランドやフランス、ドイツでは無料です

国によっても為替レートによっても違いますし、その都度変更されることがあるのでチェックしましょう

ちなみにオーストラリアは2018年の7月より440豪ドルから450豪ドルへ上がりました

 

 

滞在できる国一覧

  • オーストラリア
  • ニュージーランド
  • カナダ
  • 韓国
  • フランス
  • ドイツ
  • イギリス
  • アイルランド
  • デンマーク
  • 台湾
  • 香港
  • ノルウェー
  • ポルトガル
  • ポーランド
  • スロバキア
  • オーストリア
  • ハンガリー
  • スペイン
  • アルゼンチン
  • チリ
  • アイスランド

以上21か国です

 

上から順に制度が始まったのが古い国です

2018年にはチリとアイスランドが増えました

日本では年間で約1万人がワーキングホリデー制度を利用しています

協定国も年々増えているのですね

 

 

その他の滞在方法

条件に合わなかったから長期滞在は無理…と諦めるのはまだ早いです

実はそれ以外にも滞在方法があります

むしろ目的によっては下記のビザの方が向いている場合もあります

 

学生ビザ

まず学生ビザです

これはその名の通り学校に通う必要があります

国によっては学校に通っている間は仕事もすることができます

18歳以上という指定がある国もあれば年齢制限を定めていない国もあります

それでも色々な年齢層の方が利用できるビザです

 

観光ビザ

これは旅行のためのビザなので仕事をすることはできません

国によって異なりますがおおむね3か月までは滞在できる上、学生ビザに比べると安価で取得できるのが魅力です

学校に行く必要が無く3か月までの滞在であればこちらでぴったりだと思います

 

 

 

気になったらまず情報収集

無知のままでは始まりません!情報を集めましょう

セミナーに参加しよう

都市部を中心に無料のワーキングホリデーセミナーが行われています

ぜひ自分の地域で開催されていたら参加してみましょう

基本の話からちょっと突っ込んだ話、思っていたことと違うこと、ビザの取得方法など有益な話が聞けます

質問タイムもあるかと思うので気になることは聞いてみましょう

 

ちなみに私は日本ワーキングホリデー協会という留学エージェントが開催している初心者セミナーに参加したことがあります

基本を学ぶには十分ですし、その後のメンバー登録の強制や勧誘なども無かったので安心して参加できるかと思います

留学エージェントとは、留学を斡旋してくれる業者のことです

ビザや語学学校の手続き、出国までの相談や現地でのサポートなどを行っています

エージェントによってサポート内容は様々で費用も違います

日本には沢山の留学エージェントがあるので、時間があれば色々調べてみるといいと思います

 

 

行きたい国を決めたら体験ブログを漁ってみよう

大体行きたい国が絞れたら実際に行った人の体験を綴ったブログなんかを見てみることをお勧めします

毎年1万人がワーキングホリデー制度を利用しているので、実際に行った人も大勢います

現地の生の体験は日本にいてはわからないことばかりです

私のお勧めのブログを紹介します

 

オーストラリア・ワーホリを赤裸々に語るなっちさんのブログ

なちブ~living freely~

 

オーストラリア・年中日焼けTSUKASAさんの記事

TRIPLER

 

カナダ・グラフィックデザイナーでありバンドマンでもある新井リオさんのブログ

なんでも自分でやる方です

arairio

 

どの方もその国を満喫しております

本当に沢山の方がブログを書いているので「国名 ワーホリ ブログ」なんかで検索すると結構面白いブログが引っ掛かりますよ

 

 

 

まとめ

ワーキングホリデーは自由に海外に滞在できる夢のような制度です

沢山の国に行くことができるので気になったらまず調べましょ!

このブログでも色々発信していきます

 

ではでは